交感神経と副交感神経のバランス☆体の不調を改善しましょう☆

2018/3/10
ブログ

ALOHA~!

過ごしやすい季節になってきましたね♪

GOELOMIは本日で8周年を迎えました☆彡

皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです(*^^)

これからも心身共に癒しのお時間を皆さまにお届けいたします!

自律神経

 

そして本日の内容は題名通り

《自律神経》

についてご紹介いたします!

皆さまなんとなくご存知の、

《交感神経》

《副交感神経》

この2つは生活に欠かせない役割をしています。

最近暖かくなってきてだるさがでたりなんとなく体に不調がでていませんか?

もちろん環境、気温の変化もありますが、

普段の生活での乱れからでもあります。今日はこの交感神経、副交感神経

について簡単に紹介していきます。そして少しでもご自分で意識や生活に取り入れていただけたらと思います(^O^)!

 

まず、

《交感神経》

《副交感神経》

 

この2つの神経は、シーソーのように交互にはたらきます。交感神経がはたらいている時は、副交感神経はお休み。副交感神経がはたらいている時は、交感神経はお休み。

昼間は交感神経がはたらいて、活動しやすい状態にする。夜間は副交感神経がはたらいて、昼間の活動での疲労やダメージを回復する。

この2本立てで、健康を維持できるしくみとなっています。

自律神経(交感神経と副交感神経)の働き

上の図は交感神経と副交感神経の働きを表しています。

交感神経がはたらくことが問題なのではなく、ストレスが多いために交感神経ばかりはたらいてしまい、副交感神経(体の修復)が十分にはたらけないことが問題なのです。

という悪循環におちいります。

 

『交感神経ばかりはたらいてしまうことが自律神経失調症の原因。改善には、ストレスを減らすこと、副交感神経をはたらかせることが必要です。』

 

その1つにマッサージがあります。

筋肉を緩ます事でトロ~ンと眠くなり副交感神経が働きます。

その2

38度~42度くらいの湯船に10分以上はつかる

その3

ストレッチをし筋肉を緩め腹式呼吸でよりリックスモードに

その4

鎮静作用の高い香りラベンダー、スイート・オレンジ、カモミール等

の精油で就寝前の環境を整える

 

マッサージに毎日行く事は難しい、、

ので、お家で、できるだけリラックスタイムをつくり

元気な毎日をお過ごしください♪

 

MAHALO☆彡

 

 

 

 

WEB上でご予約いただけます

リアルタイムの空室情報からご都合の良いお時間をお選びいただき、
そのままWEB上でご予約を完了することができます。

ご予約はこちら